危険な出会い系勧誘メールにご注意   no comments

Posted at 3:37 am in 未分類

ライブチャットとは直接関係ありません。
最近方々で出会い系サイトと思われるところから迷惑メールが来ると話題になっています。
この手の迷惑メールは一時期下火になっていましたが、クリスマスシーズンということもあってなのか、最近かなり活発に動いているようでもあります。
心当たりがない方と、心当たりがある方がいると思いますが、どちらかというとヤバイのは心当たりがない方のほうでしょうか。
アドレスを抜く不正アプリなども流行っていますのでそいつにやられているのかもしれません。
心当たりがある方は「無料の出会い系」なんて都合の良い広告に誘われて登録などをしたことがある方ということですが、これはまだ対処できないこともありません。
とりあえず来るメールの配信元サイトに退会手続きをしてみるといいかもしれません。それでもだめならアドレスを捨てるか変更しかないですね。

ということで危険があるようなのでみなさんは出会い系なんてやらずに年末年始はライブチャットでまったり過ごしましょう。

Written by admin on 12月 23rd, 2013

アダルトチャットの注意点   no comments

Posted at 2:54 am in 未分類

男性から見てアダルトチャットに物申したいという事は
たくさんあると思いますが
女性からみてもやはり同じように物申したいと思うことがあるのです。
基本的にアダルトチャットでお小遣いを稼いでいるわけですが
そういう前提でものをいう人がいます。
まぁこういう人はもともとモテないので仕方ないんですが
女性の態度も悪くないのになかなか脱がないからといって
罵声を浴びせるのはやめましょう。
ストリッパーじゃないですし、そもそもストリッパーにやるほどの金も
出してないでしょうしね。
そう、どうすれば乗り気になるかは男性の甘い言葉しだい。
ここはメンタリストにでもなったつもりで
女性を上手に誘導する技を体得しておくとよいでしょう。
きっと今後も役にたつはずなのです。

Written by admin on 6月 22nd, 2013

アダルトチャットの基本テクニック   no comments

Posted at 1:22 am in アダルトチャット

ライブチャットをやるならアダルトチャットをおすすめしたいわけですが、アダルトは割高ですよね。
男性会員がライブチャットをやるということは、要するにお客さんとしてサービスを受けることになるので、特にテクニックなど使わなくてもやることはやってくれるのです。

しかし、そのままチャットに挑むと無駄にお金を使ってしまうということはあります。
そこで少しでも安くアダルトチャットをやるということは一つのテクニック・技だと思います。

小技的なテクニックはたくさんありますが、とりあえず最も基本となるのは女の子選びです。
あまりトークせずに脱いでくれる子を探すということですね。
ちょっとだけログインして別の女の子を試すというやり方で一番効率の良い女の子を探しましょう。これが基本ですよ。

Written by admin on 6月 7th, 2013

ライブチャットでの会話や視点   no comments

Posted at 4:56 pm in ライブチャットとは

ライブチャットをやっていて、女性の顔出しが無い場合って結構つらくないですか?
ライブチャットで顔出し」についての色々な意見。
僕はいつも思うんですけど顔出ししない人の表情よむのってすごく難しいし、こっちが損したような気になりますよね。
じゃぁインしなきゃいいじゃんっておもうでしょうけど、やっぱり露骨なのもいやですからね。
中にはちょっと顔を見せてくれる人もいますし、お話がすごく上手な方もいてあたればいいんですが、ちょっと問題アリだと思うんですよね。
なんとかならないかな。
後、冷たくあしらわれるときがあるんですが、もうちょっと敬意をはらってほしいものですよね。
僕はお金を払ってるっていうアピールは嫌いなんですがあんまり失礼だとそういう態度に出ざるをえませんもんね。
できるだけ楽しく過ごしたいのでお互い努力したいものです。

はじめから愚痴っちゃいました。気を取り直して面白いサイトがあるのでちょっと紹介しましょう。
ライブチャットをやったことがある人も、これからやる人も、一度見ておいたほうがいいというサイトです。
それがこれ→アダルトチャットの待機人数ランキングです。
ライブチャットの比較サイトはいくつもありますが、適当に書いてある広告サイトとは違って、ここのオンライン数を元にしたランキングは本当に人気のチャットがわかります。

Written by admin on 3月 30th, 2013